2020年公開予定のおすすめ映画一覧
映画関連

子供と観る映画おすすめ5選

皆さん!こんにちは、カール(@365newdiscovery)です

今回は子供と見れる映画のご紹介です。

本が苦手でも映画なら観ることができる子供

作品を通して道徳心や感受性など色んな事を学んでほしいと願う親

親子で一緒に楽しんで観ることができる作品を選びました!

ぜひお子様と鑑賞してみてください。

>>Huluで映画三昧!定額制で見放題サービスはこちら

グーニーズ

リチャード・ドナー監督の冒険、アドベンチャー映画

キャッチコピーは
『スピルバーグアドベンチャーは夢と驚きのスペクタクル!莫大な財宝の謎を追っていま《86年=冒険時代》の幕があく!!』

1985年公開の作品ですが、いま観ても本当に面白い!
とにかく冒険心をくすぐられます!

もし息子がいるのなら絶対見せると思います。
まー娘でも見せますが(笑)

感想

家に屋根裏部屋があったら入ってましたね絶対!
何かうちにもあるんじゃないのかと(笑)

残念ながら、実家には屋根裏部屋はなく…もちろん宝の地図なんてありませんでした

海に行くたびに地平線に海賊船がいないか探しましたね…
とにかく鑑賞中からワクワク感が止まりません

子供なりの正義感というか、街を、親を救いたいという気持ちが宝の地図を発見したことで、自分たちにも手助けできる!と確信し、行動する素直さ…

大人たちから見たら、無鉄砲で、単なる悪ふざけに見える冒険だけど、
彼らにはちゃんとした想いかあっての行動なんですよね

あらすじ

舞台はアメリカ・オレゴン州

河辺の田舎町グーンドックは海賊の伝説が残る町でした。

主人公のマイキーは幼い頃から父親に毎晩、海賊ウィリーの伝説について聞かされていました。

マイキーの父親はグーンドック一帯のゴルフ場開発を目論む資産家から莫大な借金をしており、返済できなければ土地を明け渡さなければなりません。

ある日マイキーは友人のマウス、チャンク、データ(グーニーズ)と一緒に
家の屋根裏部屋で偶然ある物を見つけます。

それは海賊ウィリーが遺した宝の地図でした。

4人はさっそく宝探しの冒険へと出発します。

グーンドックにはギャングとして名高く、刑務所を脱獄したフラッテリー一家が潜んでいました。

地図を元に宝の場所が岬の燈台レストランにあるとふんだグーニーズ

くしくもそこはフラッテリー一家のアジトでした。

なんとかして宝を探し出そうとするグーニーズ

宝のことを知りグーニーズを追跡するフラッテリー一家

伝説の海賊が残した大秘宝を発見し、街を、親を救うことはできるのでしょうか。

ミクロキッズ

ジョー・ジョンストン監督のSFアドベンチャー映画

キャッチコピーは
『HELP!早くみつけて!なんと子供たちが6mmになってしまった。』

舞台は裏庭から家とゆう狭い範囲!なのに、ここまで面白くできるのがすごい!

体が小さくなることで身近なものが脅威になる!?

感想

終始ワクワクドキドキします。

娘たちと観たいと思わせてくれる作品です。
もう一度娘たちと観ようかな♫

コメディ要素もあります。イチイチテンパる親が面白い(笑)
まー実際同じことになったらテンパりますが(・_・;

オープニングのアニメーションが楽しく、作品にすっと入らせてくれます。

中学生の時、フロリダのディズニーワールドでこの世界を体感したのですが、楽しかったなーーー♫

パークを歩いていたら、気づくとミクロの世界になってるんだよねー

あらすじ

長年にわたり自宅にて物体を小さくする装置の研究開発に励んできたウェイン・サリンスキー

なかなか成功には至らず失敗の連続

サリンスキー家には、美人でおませなエミーと父の真似をして発明大好きニックの姉弟がいました。

お隣のトンプソン家には、背が小さいことがコンプレックスのラスと変わり者ロンの兄弟がいました。

ある日ロンが庭でバッティング練習をしている時、
ボールがサリンスキー家の窓を割ってしまいます。

そのボールが装置を作動させ、
運良く?運悪く?ボールがレーザーの強度を調整したおかげで装置が完成してしまいます。

ラスがロンを連れて謝りにサリンスキー家を訪れます。

ニックはロンを連れてボールを取りに研究部屋に行きます。

なかなか降りて来ない2人の様子を見にエミーとラスも部屋へと向かいました。

部屋に入るなり装置によって小さくされてしまいました。
もちろん先に部屋に来ていたニックとロンもです。

装置が角度を変えたことでボールが落ち、装置の電源が落ちます。

そのタイミングで、父のウェインが帰宅、研究部屋にやってきます。

4人は必死に叫びますが、その声は届きません。

ウェインは大学で研究を笑われて怒っていました。

その矛先は装置へと向きます。そして八つ当たりで装置を破壊してしまいます。

散乱した部品を片付けるために掃除をしたウェイン

そのゴミと一緒にまさかまさか、子供たち4人も一緒にゴミ袋に入れてしまい、庭の外に捨ててしまいました。

父ウェインに元の体にしてもらうため、4人は家を目指すことに!

目の前にはジャングルと化した芝生

果たして4人は無事に元の体に戻れるのでしょうか。

disneyプラスで視聴できます

リメンバー・ミー

リー・アンクリッチ監督のファンタジー・アドベンチャー映画

キャッチコピーは
『それは、時を越えてー家族をつなぐ、奇跡の歌』

アカデミー賞(R) W受賞!
『トイ・ストーリー』の監督が贈る、家族の絆を描いたディズニー&ピクサー劇場大ヒット作!

感想

3歳の娘が大好きな作品。
上映時間は105分ですが、最後まで集中して観ることができました。

舞台は死者の国ですが、ストーリーは明るく、色使いがカラフルで、すごく引き込まれました。

ミゲルの歌唱力は圧巻!!
どの曲もおすすめです。

歌のシーンは娘も大好きで、一緒に歌っています(笑)

感動だけでなく、笑えるシーンも散りばめられているのがさすがです。

観賞後、心がじんわり温かくなる。
家族に会いたくなる。
子どもから大人まで楽しめる素敵な作品です。

あらすじ

ミュージシャンを夢見る少年ミゲル。

しかし過去の悲しい出来事が原因で、彼の一族は音楽を禁止されています。

ある日、ミゲルは憧れの伝説的ミュージシャン、デラクルスのギターを手にしたことをきっかけに、先祖が暮らす死者の国に迷い込んでしまいました。

日の出までに元の世界に戻らなければ、ミゲルは消えてしまいます。

そんな彼は、陽気で孤独なガイコツ、ヘクターと出会います。

その出会いをきっかけに、運命の歯車が動き始めます。

ミゲル一族の秘密とは?

ミゲルが大好きな曲、リメンバーミーに隠されていた真実とは?

disneyプラスで視聴できます

トイ・ストーリー3

シリーズ第3作品目!disneyプラスで視聴しました。

キャッチコピーは
『さよならなんて、言えないよ…』

おもちゃの世界を舞台にした、ピクサー人気シリーズの第3弾。

おなじみのおもちゃたちはもちろん、初登場するおもちゃたちも個性豊かです!

新たな冒険の行方にドキドキハラハラします。

感想

3歳と1歳の娘が大好きな作品。
1歳なのに分かるの?って思っていましたが、テレビのリモコンを持ってきて、つけてとアピールする程!笑

物語の始まりから、子どもたちの心はグッと掴まれ、引き込まれていました。

個性豊かなキャラクターたちや、カラフルな色使いがとても魅力的です。

おもちゃたちの目線で観られる点がおもしろいですし、
子どもにとってはおもちゃを大切にする心を学べると思います。

今回は「アンディとおもちゃたちの絆」「おもちゃ同士の友情」が感じられる作品です。
笑える場面もありながら、最後は心温まる感動作になっています。

個人的にはケンとバービーのやりとりが大好きです(笑)

あらすじ

アンディは、大学進学のため引越しの準備を始めました。
おもちゃの整理をしていると、母親の手違いによりゴミに出されてしまいます。

危機一髪、難を回避したおもちゃたちは、
捨てられたと思い込み、保育園に寄付するおもちゃの箱に入り込みます。

新しい場所で期待に胸を膨らますおもちゃたち。

しかし、そこで待ち受けていたのは、思いもよらぬ運命だった…?

ジュマンジ

ジョー・ジョンストン監督のアドベンチャーファンタジー映画

キャッチコピーは
『ジュマンジー。それは、この世で最も危険なゲーム。』

テンポが良くて飽きずに観ることができます!しかも子供と観れる作品ですね。

ドキドキワクワクします

感想

最初ボードゲームに入り込む物だと思ってましたが逆で、
ボードゲームのマスの目の内容が現実世界に起こるとゆうもの!

ボードゲームから動物の群れが出てきたり

木のツルで家がジャングルのようになったり

気軽にはじめたアランとサラ

びっくりしてゲームを終わらせずに放置してしまい

26年後ジュディとピーターが”JUMANJI”を見つけて続きを始めるとゆう展開も面白い!

しかもあえて時間を経過させた意味をラストで回収するとゆう展開がほんと上手!

最後…ホッコリ幸せな気持ちになります

あらすじ

いじめられっ子のアラン(ロビン・ウィリアムズ)は、
ある日…父親の工場の拡張工事現場で不思議な音を耳にします。

ドンドコとゆう音はまるで太鼓の音のようでした。

アランは音を辿り、土の中から古い木箱を見つけ出します。

その木箱には『JUMANJI』と書いてあり、中に入っていたのは双六のようなボードゲーム

家に帰ったアランは、自転車を届けてくれた友達サラを誘ってゲームをはじめました。

サラはサイコロをふり”6″が出ると、触れてもいないのにサラの駒がひとりでに動きました。

ゲーム盤の中央にある円形のような画面に謎めいた文章が浮かび上がります。

次にアランがサイコロをふると中央の画面に表示されたのは

“5か8の目が出るまでジャングルで待て”

でした。
するとアランはゲームの中のジャングルに閉じ込められてしまったのです。

実はこの”JUMANJI”は、ゲーム盤のマスの内容が現実となって起こる魔法のゲームでした。

そしてこのゲーム…一旦初めてしまうと誰かがゴールして”ジュマンジ”
と唱えるまで起きた現象は止まることはないとゆうルールがありました。

果たして、気軽にはじめてしまったこのゲーム…無事に終わらせることができるのでしょうか。

>>”ジュマンジ”が今すぐで観られるAmazonプライムビデオはこちら

>>Amazonプライム・ビデオはこちら
※30日間無料で3万作品見放題!

またFier TV Stickをお持ちでない方はぜひ。これがあればマジ最強です。

>>Amazonプライムビデオ×Fire TV Stickで映画三昧!想像より100倍良かった!