2020年公開予定のおすすめ映画一覧
映画ランキング

ブルースウィリスの代表作は何?出演映画をランキングでご紹介

数多くのヒット作があるブルース・ウィリス。

諦めが悪い親父、不死身ってイメージが強いかと思います。

4人の子供(4姉妹)の父親でもあるブルース・ウィリス

彼が出演してる作品の中から、カール(@365newdiscovery)の独断と偏見で

おすすめ作品を紹介したいと思います。

色々な角度からブルース・ウィリスを堪能しましょう。

ブルース・ウィリスも出演するダイハード6も紹介してる2020年公開予定映画一覧はこちら

>>【洋画】2020年公開予定のおすすめ映画を一覧でご紹介!

アンブレイカブル

2000年公開、SFサスペンス映画です。

監督は、M・ナイト・シャマラン!

将来有望のアメフト選手だったが、大学時代に怪我をして選手生命を断たれた過去を持つ

中年警備員のデヴィッドを演じてます。

ずっと不思議な空気で物語は進みます。

このブルース・ウィリスめっちゃ渋くてかっこいいです。

アクション映画の彼とは一味違う面が観れますよ。

あらすじは、悲惨な列車事故で唯一かすり傷一つ負わずに生き残ったデヴィッド。

そんな彼に、アメコミオタクで画商のイライジャ(サミュエル・L・ジャクソン)が近づいてきます。

イライジャは些細なことでも骨折してしまう骨形成不全症という難病を持って生まれ、

今まで何十回と骨折してきた男でした。

彼はそんな体の弱い自分とは対極の病気も怪我もしない

コミックのヒーローのような人間が存在するはずだと考え、信じてきました。

その探し求めてきたヒーローがデヴィッドだと、イライジャは確信し

彼に近づいてきたのです。

ヒーローが存在するという考えをデヴィッドに伝えましたが

デヴィッドは信じません。

しかしイライジャに会ってから、思い当たる節がいくつもあり

それまで気のせいだと思っていた能力も自覚するようになります。

そしてある事件を察知し、被害者を見事に救ってみせます。

気づかせてくれたイライジャに感謝の意を伝えるため、会いに行くと

イライジャが

「今朝、目覚めたときにもまだ感じたか?悲しみを」

とデヴィッドに問いかけます。

デヴィッドは「No」と答えます。

すると

「どうやら握手の時がきたな」

と右手を差し出します。

握手をした瞬間、デヴィッドに何が見えるのか!?

続編として2016年にスプリットが公開、さらに2019年にミスター・ガラスが公開されてます。

永遠に美しく・・・

1992年公開、ダーク・ファンタジー・コメディ映画です。

監督は、ロバート・ゼメキス!

元美容外科医で主役の夫アーネスト・メルヴィルを演じてます。

まー情けないキャラクターですよ(笑)

優柔不断で女性に弱くて、はじめて観たときはほんとにブルース?って思いましたからね。

髪の毛が多めのブルースを観れるのもおすすめの一つなのと

コメディ映画作品に出演してるところもなかなか少ないのでおすすめです。

あとメリル・ストリープ演じるマデリーンが

ヘレンに対してショットガンをぶっ放すんですが

そのあとオーマイガー!と叫びながら慌てふためくブルースの姿が面白いです。

あらすじは、ブルース演じるアーネストを巡った三角関係。

ヘレンとアーネストが婚約をしてたけど、人気女優だったマデリーンが

婚約を自慢されたことに腹を立て、アーネストを誘惑し略奪婚をします。

それから時が経ち50代になったヘレンとマデリーン

2人が再会するとヘレンは若く美しい姿でした。

マデリーンはそんなヘレンに対抗心を燃やし謎の美女と出会い、

永遠に美しくなれるという秘薬を手に入れ美貌を取り戻します。

そんな2人がアーネストを巡って殺し合いをはじめますが・・・

2人は若さと美貌を得た代償として・・・

どんなに傷ついても死ねない

という身体になってしまいます。

お互い死なないのに殺し合うなんて馬鹿らしくなった2人は

傷ついた体を修復するのに、アーネストが必要じゃん!と考え

アーネストにも秘薬を飲ませようと考えます。

果たしてアーネストの運命は・・・

マーキュリー・ライジング

1998年公開のアクション映画です。

監督は、ハロルド・ベッカー!

FBIシカゴ支局のアート・ジェフリーズ特別捜査官を演じてます。

子供を守るブルース・ウィリスにジーーーンときます。

随所に子供のことを思うブルースの眼差しや言動に

父親じゃないのに命をかけて守る愛情を感じます。

最後のハグ泣いちゃいます・・・

親になって涙もろくていかんです・・・

あらすじ、FBI捜査官のアートは、ある無理心中事件の現場へ行ったときに

これは無理心中ではなく殺人事件だと推測します。

殺された夫婦の息子が押し入れに隠れていました。

自閉症のサイモンです。

病院に入院することになったサイモンを所轄に保護させます。

しかしアートが病院に行くと所轄署は引き上げており、違和感を感じます。

アートはサイモンを連れて病院を出ようとしますが

医師に扮した暗殺者ピーターが2人を追いかけてきて銃撃戦となります。

なぜサイモンは命を狙われるのか!?

サイモンは、パズルの本に載っていたNSA開発チームが作り出したマーキュリーという暗号システムを

解読してしまいます。

解読されたということは、暗号システムの失敗を意味します。

これにより、責任者のクドローは解読されたことを隠蔽しようとサイモンの暗殺を命じました。

アートは巻き込まれる形となりますが

サイモンを命をかけて守ります。

果たして、アートはサイモンを守り切り、クドローの悪だくみを防ぐことはできるのか!?

あとアートの同僚トミーなんですが、マテンロウのアントニーに見えて仕方ありません(笑)

ジャッカル

1997年公開、アクション映画です。

監督はマイケル・ケイトン=ジョーンズ!

キャッチコピーは、毒には毒を!予測不可能!

名前だけが知られている神出鬼没の殺し屋ジャッカルを演じています。

見どころは、敵役の殺し屋という役どころ!

ブルース・ウィリスが敵役というが珍しいですよね。

しかも変装しまくるのでいろんな髪型のブルースに出会えます(笑)

金髪ロン毛や角刈り髭面など(笑)

あとリチャード・ギアとのW主演なのですが、このリチャード・ギアめちゃかっこいいです。

あらすじは、マフィアの依頼でアメリカの要人を暗殺する計画があることを知ります。

暗殺者は神出鬼没で何もかも不明なジャッカル。

ロシア内務省(MVD)とアメリカ連邦捜査局(FBI)の合同捜査チームは

ジャッカルの顔を見たことがあるイザベラが国内にいることをつかみ

イザベラの居所を知るIRAのスナイパーだった過去をもつデクラン・マルクィーン(リチャード・ギア)の協力を得ることにします。

武器密輸容疑で逮捕され50年の実刑でマサチューセッツの刑務所に収監されている彼に会いにいくと

デクランは自身の釈放とイザベラの保護を条件に捜査に協力。

実はジャッカルに個人的な恨みがあり復讐のためでもありました。

捜査を巧みにかわし暗殺の準備を着実に進めるジャッカルと

デクランを加えた合同捜査チームとの戦いがはじまります。

果たしてデクランは暗殺計画を阻止し復讐できるのか!?

若かりしジャック・ブラックやJ・K・シモンズも出演してますよ。

>>ジャッカルが今すぐ観れるのはU-NEXT!日本最大級の動画サービス!31日間無料トライアルあり!

アルマゲドン

1998年公開、ヒューマン・アドベンチャー映画になります。

監督は、マイケル・ベイ!

キャチコピーは、世紀末、全人類にこの映画を捧ぐ。

集結せよ。地球最期の日、60億の明日はたった14人に託された。

好き嫌いがはっきりする作品ですね。

王道中の王道なので私は好きです。

見どころはなんと言っても、ブルース・ウィリス演じるハリーから

娘グレースへのモニター越しのメッセージですかね・・・

何度観ても泣く・・・独身の時も泣いたけど、

父親になり同じ娘を持ったのでより泣ける・・・

あとハリー登場シーンでA・Jに向かって散弾銃を本気で炸裂させて

追いかけまわすとこ好きです。

あらすじは、地球と衝突するコースをとる小惑星が発見されます。

その大きさはテキサス州とほぼ同じ大きさ・・・

衝突すれば人類は滅亡する

回避する方法がひとつだけ見つかりました。

それは小惑星の深部まで穴を掘り、内部で核爆弾を炸裂させて

小惑星を真っ二つに割って無理やり軌道を変えさせるといったものでした。

この作戦のために穴掘りのプロ、石油採掘のスペシャリストが招集されます。

スタンパー・オイルの三代目社長ハリー。

一癖も二癖もある7人の部下たち。

そこにNASAのクルー6人を加えた14人で作戦は実行されることに。

新型スペースシャトル2機に分乗し小惑星へと旅立ちます。

彼らは無事に小惑星の深部まで穴を掘り

内部で核爆弾を炸裂させ、地球を救うことはできるのでしょうか。

シックス・センス

1999年公開、作中一度も拳銃を持ちません(笑)

監督は、M・ナイト・シャマラン

そしてジャンルとしてはホラー映画らしいです。

が鑑賞してみて思ったのはホラーなのかな?って感じです。

たしかに随所にドキッと心臓に悪いシーンはありますが

ミステリー映画というかヒューマンドラマというか・・・

ブルースウィリスは小児精神科医マルコム・クロウを演じています。

公開年の前年1998年にマーキュリーライジングとアルマゲドン

その前年1997年にジャッカルとフィフス・エレメントに出演してる彼が

ここでこの役を演じるというのが面白かったですね。

ドンパチのアクションから、寡黙でシリアスな小児精神科医なんて

この映画にはエンディングが3つあると私は思ってます。

一つ目は、コールが出会う少女の幽霊の結末

二つ目は、コールの特殊能力を母親に話すところ

三つ目は、マルコムが妻に話しかけるところ

どれも泣いちゃうし、心にグッときます。

特にグッとくるのはコールと母親のシーンかな~

コールの言うことがぶっ飛びすぎててお母さんは理解するのに時間を要するんだけど

コールが「何を思ってるの?僕を化け物と?」って聞くと

すぐに「私の顔を見て、そんなことは絶対にないわ」って答えます。

お母さんはコールのことを信じようとしてて・・・

そして祖母のお話をはじめるコール・・・

泣き出してしまうお母さん・・・

コールからハグ・・・

書きながらでもジーンとしてしまいます。

あともう有名ですが、この映画は最初に

“この映画にはある秘密があります。まだ映画を観ていない人には、決して話さないで下さい。”

という前置きがあります。

シックスセンスは、どんでん返し系映画のパイオニア的作品ですね。

あらすじは、とある事件後、愛する妻から無視され続ける小児精神科医のマルコム。

苦悩と悲しみに暮れるマルコムは

特殊能力に悩み怯える少年コール・シアーと出会います。

コールが悩み怯えてる特殊能力は

「死者が見えてしまう」

ということでした。

そのせいで学校では生徒だけでなく先生からも化け物扱いをされ

事情を知らない母親とはすれ違ってばかり・・・

マルコムも最初は疑っていましたが、コールの言葉を受け入れていきます。

そして何故コールの前に死者たちが現れるのか

理由を2人で探り始めることになります。

そしてクライマックスでは、マルコムがコールからある助言をされます。

映画に隠された秘密とは何なのか!?

クライマックスでマルコムが言う

「もういってもいいね」

ジーン・・・

ダイハードシリーズ

1988~2013年公開、彼を一躍大スターにした作品ですね。

ジョン・マクレーン刑事を演じます。

簡単には死なない不死身の男!ジョン・マクレーンです。

どれも好きですが、イチオシと言われれば迷わずと答えます。

ダイ・ハードは1988年に公開され高層ビルを舞台に

妻を人質にされ、たった一人で敵に立ち向かう世界一ツイていない男の物語です。

ダイ・ハード2は1990年に公開され占拠された国際空港が舞台です。

ロサンゼルスから会いに来る妻と一緒に過ごすために、”たまたま”空港に居合わせます。

そして前作同様たった一人で敵を倒していいきます。

ダイ・ハード3は1995年に公開!

今度は相棒がいます!サミュエル・L・ジャクソン演じるゼウス!

敵は1の兄ちゃんです。

1,2と違うのは少しサスペンス要素が加わりましたね。

あいかわずの不死身っぷりですが(笑)

ダイ・ハード4は3から12年後の2007年に公開されます。

今度は妻ではなく、娘が人質に!

どこまでもツイてない男ジョン・マクレーンです。

しかし娘が人質にされたら黙ってませんよね!

敵はサイバーテロ組織でアメリカ全土攻撃。

超超超アナログのジョン・マクレーンがこれまた敵をなぎ倒していきます。

ダイ・ハード5は2013年に公開されとうとうアメリカから出ます。

舞台はロシア!

息子のジャックがロシアで警察沙汰になり

身柄を引き取りに行きますがロシアの政治家の陰謀に巻きまれ

父と息子のコンビで敵を倒していきます。

>>ダイ・ハード全作品が観れるAmazonプライムビデオはこちら

まとめ

個人的にイチオシはダイハードシリーズです。

やっぱりアクション映画のブルース・ウィリスが一番好きですね。

あと子役と出演してるシックス・センスとマーキュリー・ライジングは

子供と接してる彼の眼差しや接し方がグッときちゃいますね。

他にもランキングには入れませんでしたが

12モンキーズ、RED/レッドシリーズ、フィフス・エレメントもおすすめしたい作品です。

2020年にはダイハードの続編が公開予定ですし

まだまだ現役バリバリでたくさんの作品に出演してほしいと願います。