【ダイアン・クルーガー】出演映画おすすめ作品!

7月15日はダイアン・クルーガーの誕生日です。

おめでとうございます。

そんな彼女の誕生日に過去出演してきた作品の中から

おすすめをご紹介したいと思います。

王妃、写譜師、公文諸館長、地球外生命体

色々な角度からダイアン・クルーガーを堪能しましょう。

ダイアン・クルーガーのプロフィール


名前:ダイアン・クルーガー(Diane Kruger)

生年月日:1976年7月15日

身長:185cm

国籍:ドイツ

職業:女優、ファッションモデル

母国語のドイツ語以外に、英語とフランス語を話せます。

カンヌ国際映画祭では司会、ベルリン国際映画祭では審査員を務めた経歴も!

冒険家と謎を解いていく公文書館長


2004年公開“ナショナル・トレジャー”

彼女の役どころは、国立公文書館責任者のアビゲイル・チェイス!

私は彼女の過去作品で一番綺麗で可愛いと思う作品です。

最初から最後まで可愛い(笑)

アメリカ独立宣言書の裏に向かって息を吹きかけるシーンは

ワクワク・ドキドキがとまりませんね。

あらすじは

テンプル騎士団の秘宝が今もアメリカのどこかに隠されている

と幼少の頃より、祖父から聞かされて育ったベン・ゲイツ。

ゲイツ家はその秘宝の謎を代々受け継いできた一族だったのです。

ベンはその謎を追い続けていました。

そしてついに謎を解く手がかりがアメリカ合衆国独立宣言書に

隠されていることを突き止めます。

トレジャーハントの出資をしてくれた冒険家イアンが

宣言書の窃盗を提案してきますが、ベンは反対。

以降2人は対立します。

ベンは宣言書が盗まれると国立公文書館責任者のアビゲイル・チェイスや

FBIに警告しますが相手にされません。

しかたなく、ベンは宣言書をイアンより先に盗むことにします。

果たして、ベンは宣言書を無事に盗み、テンプル騎士団の秘宝の謎を解き明かせるのでしょうか。

続編の2007年公開”ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記”もぜひ!

禁断の恋に走ったスパルタの王妃


2004年公開“トロイ”

彼女がハリウッドに進出した作品ですね。

役どころは、戦争の引き金となってしまうトロイの王子パリスと駆け落ちしたスパルタの王妃ヘレン!

メイクのせいなのか、駆け落ちという役どころのせいなのか、目がきつい感じを受けます。

悪女というか小悪魔というか、ちょっとミステリアスな雰囲気です。

あらすじは、

トロイとスパルタの間に和平が結ばれた日に

トロイの王子パリスがスパルタの王妃ヘレンと恋に落ち、

トロイへ彼女を連れ帰ってしまいます。

スパルタの王メネラオスは激怒して、兄のミュケナイ王アガメムノンを頼ります。

アガメムノンは良い口実ができたと思いギリシア連合軍でトロイへと侵攻します。

ギリシアの勇者アキレスはアガメムノンは嫌いだけど

歴史に名前を残すために参戦を決意します。

ギリシア連合軍とトロイの全面戦争は一体どうのような結末を迎えるのか?

この作品は、ブラピのカッコ良さがつまってます!(笑)

>>”トロイ”が追加料金無しで観られるHuleはこちら

大作曲家をささえた写譜師


2006年公開“敬愛なるベートーヴェン”

べートーヴェンと写譜師(コピスト)アンナの師弟愛を描いた作品です。

彼女の役どころは、耳の聞こえないべートーヴェンをささえる写譜師アンナ

実在しない架空の人物なんですが、

べートーヴェンの指揮を舞台裏で助けるシーンはグッときます。

ちなみにべートーヴェン役は

“ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記”でも共演するエド・ハリス。

あらすじは

音楽学校に通い作曲家を目指すアンナは、

作曲家べートーヴェンの写譜師(コピスト)として急遽彼の元で働くことに。

古いアパートで独身の1人暮らし

わがままで頑固で、かなり人格に問題があります。

最初はアンナのことを「女なんて・・・」と言っていましたが

才能を認めて第九を完成させます。

公演では、べートーヴェンが指揮をしますが

もう耳は聞こえていませんでした。

観客で来ていたアンナが、手を振ってサインを送り、

ベートーヴェンはアンナのサインを頼りに指揮棒を振りました。

公演は大成功となり、その後彼の芸術・作曲はさらに磨きがかかっていきます。

人間狩りをする知的地球外生命体シーカー


2013年公開“ザ・ホスト 美しき侵略者”

彼女の役どころは、人間狩りをするシーカー・レイシー!

あらすじは

地球は知的地球外生命体”ソウル”に侵略され、人類は滅亡の危機に。

“ソウル”たちは人の脳に寄生し肉体を乗って取って、平和に暮らしていました。

わずかに生き残った人類は逆襲のチャンスをうかがいつつ、

逃亡生活を送っています。

そのうちの1人少女メラニーは、人間狩りをするシーカーに追い詰められ

仲間を守るため死を選びます。

しかしメラニーは生きながらえ、ワンダラーという名の”ソウル”に寄生されてしまいます。

ソウルに寄生されてると人間の精神は消滅するはずが、メラニーは消滅せず

1つの肉体に2つの精神が宿ることになりました。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

この記事が気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

ブログの情報はこちらで配信しています。

ブログの最新情報はこちらで配信してるよ
【ダイアン・クルーガー】出演映画おすすめ作品!
この記事をお届けした
365日新発見の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
Sponsored Link