【洋画】トランスフォーマー/最後の騎士王amazonプライム・ビデオおすすめ無料視聴映画レビュー!

帰ってきたオプティマス・プライムが人類を滅ぼす破壊者に!

トランスフォーマーシリーズ第5弾!

バンブルビーとの師弟対決はどうなってしまうのか!?

トランスフォーマーシリーズのお約束!

スローモーションのバトルシーンはもちろん

ストーリーもややこしくなく、派手なアクションと綺麗な映像に圧倒されます。

>>トランスフォーマー/最後の騎士王が無料で観られるAmazonプライムビデオはこちら

こんな人におすすめ

・勇者ロボやZガンダムなど「変形ロボットもの」が大好きな人

・映画のヒロインはやっぱり美人がいい!という人

・カーチェイスにハラハラ・ドキドキする人(例:ワイルド・スピード等)

トランスフォーマーは日本の変形ロボットのおもちゃがベースとなっています。

シリーズではトラックやスポーツカー、動物や恐竜などに変形するロボットが

たくさん出てきます。

変形するときの効果音がなんとも言えないくらい恰好良くてワクワクしちゃいます。

今作ではバンブルビーの変形が今までと少し違います!

バラバラになった各ボディパーツが敵を倒しながら集結してくシーンがあります。

そしてトランスフォーマーシリーズといえば綺麗でセクシーなヒロインたち!

ミーガン・フォックス、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー

ニコラ・ペルツ、そしてローラ・ハドック!

全員が全員素敵で綺麗でスタイル抜群だったりします。

今作のヒロインローラ・ハドックは、

「世界で最も美しい顔」でも上位にランクインした経歴があるほどの美貌の持ち主です。

最後はやっぱり車!ではないでしょうかね。

今回はバンブルビーの過去がでてきます!

第二次世界大戦のバンブルビーは1937年式メルセデス・ベンツ・W142

そして現在は黄色のシボレー・カマロ!

侍剣士のオートボットドリフトはメルセデスAMG GT Rですね。

クロスヘアーズはシボレー・コルベット!などなどたくさんの魅力的な車がでてきます。

あらすじ


最初の舞台はイギリス。

アーサー王と円卓の騎士団の戦闘シーンからはじまります。

伝説のアーサー王!実はそこにはトランスフォーマーたちが絡んでいた!

マーリンはオートボットの騎士から魔法の杖を授かり

負け戦を勝利へと導きました。

実は彼らと人間との繋がりは1000年以上前からはじまっていました。

そして現代、地球上ではディセプティコンと対トランスフォーマー部隊TRFと

オートボットが三つ巴の戦闘を繰り広げていました。

その一方で惑星サイバトロンが地球に急接近していることがわかります。


ゴーストタウンと化したシカゴは立ち入り禁止区域となっていましたが

少年4人が入りこみサイバトロンの騎士のポットを見つけます。

しかしTRFも同時期にポッドを見つけ少年たちを取り囲みます。

そこへトランスフォーマーと暮らすイザベラが現れ少年4人を助けますが

一緒にいたトランスフォーマーはTRFに倒されてしまいます。

その時ケイドが現れ、子供とイザベラを救出!

ケイドはポッドの中にいたサイバトロンの騎士からタリスマンを譲り受けます。

オプティマス・プライムが姿を消して、

変わりにリーダーとなったバンブルビー率いるオートボット達を

守りながら隠れ住んでいたケイドのもとへ

謎の英国紳士バートン卿が接触してきます。

バートン卿は地球を救うためには、アーサー王が受け取った魔法の杖が

必要だと告げます。

そしてまた、大学教授のヴィヴィアンは半ば拉致される形でバートン卿の元へ

連れてこられました。

実は彼女はマーリンの直系の子孫であり魔法の杖を扱える唯一の人物でした。

2人は地球を救うために奮闘します。

完全復活したメガトロンとTRF部隊との戦いで苦戦を強いられる中

オプティマスが帰還します!!!


しかし・・・創造主クインテッサに洗脳され

故郷サイバトロン星を救うために、人類を滅ぼす破壊者となっていました。

ケイドとヴィヴィアンは地球を守れるのか!?

なぜトランスフォーマーたちが地球にやってくるのか!?

そしてオプティマスは敵のままなのか・・・

作品詳細

監督:マイケル・ベイ

脚本:アート・マーカム、マット・ホロウェイ、ケン・ノーラン

配給:東和ピクチャーズ

興行収入:17億5,000万円(日本)

上映時間:149分

キャッチコピー:我々の星を救うため、全人類を滅ぼす。

予告動画:シネマトゥデイ

キャスト


発明家ケイド・イェーガー役にマーク・ウォールバーグ

2006年公開ディパーテッドではアカデミー賞助演男優賞にノミネートされ

俳優として立派なキャリアをもっていますが、若い頃は結構なやんちゃぶりだったそうですね。

身長が173cmとアメリカ人俳優としては小柄ですが

筋肉のせいかもっと大柄に見えますね。

2012年公開”テッド”や2017年公開”ゲティ家の身代金”などに出演されてます。


今作のヒロイン、ヴィヴィアン・ウェンブリー役にローラ・ハドック

調べててはじめて気づいたんですが、

2011年公開”キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー”で

サインを求める女性で出演してるんです!

あとは2014年公開の”ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”でクイルの母役!

とっても綺麗なイングランドの女優さんです。

実はすでに結婚してて、旦那さんは2012年公開の”スノーホワイト”でウィリアム王子役を

演じたサム・クラフリン!

美男美女すぎる


ゴーストタウンと化したシカゴで暮らしていたイザベラ役にイザベラ・モナー

今作の役作りのために、ボクシングや有酸素運動などで体を鍛えて撮影に臨んだとか!

今後期待の女優さんです!この作品を撮ってた時は15才です!

身長は155cmと小柄ですがファッション界からも大注目されていて

今若い女の子たちの憧れの的です!


第12代フォルガン伯爵エドモンド・バートン卿役にアンソニー・ホプキンス

大ベテラン俳優が参加!

やっぱり私は1991年公開”羊たちの沈黙”でのレクター役がインパクト大ですね

マーベルのマイティ・ソーシリーズのオーディン役も好きです。

そしてそしてそして私の大好きなスタンリー・トウッチも出演しますよ!

前作でも出演しましたが別の役での登場です!

偉大な魔法使いとして語り継がれているマーリン!

「人生で一度でもいいから、人の役に立ちたい」と懇願します!

>>脇役の神スタンリー・トゥッチが出演してるおすすめ映画をご紹介

トリビア&見どころ

マーク・ウォールバーグは今作で最後ということでケイド・イェーガーを観ることは

これが最後となるかもしれません。

シリーズ5作目となる今作ですが

1作目から3作目の主人公サム・ウィトウィッキーがどうなったのか

ずっと気になってました。

今回エドマンドがビビアンにマーリンの一族であることを

家系図と使って説明する場面があります。

なんとそこに!サムの写真が登場します!

エドマンドはビビアンにウィットキー一族最後の末裔だと伝えてということは・・・

サムはもうすでにいない?

イェーガーもサムも今後出演がないってことは

当初トランスフォーマー6が製作される予定でしたが

スピンオフの”バンブルビー”が最後となるのでしょうか。

トランスフォーマーシリーズといえば!そう爆破ですね。

破壊王と呼ばれるマイケル・ベイ監督ですから、今回もやってくれます。

世界遺産のストーンヘンジ

もちろん実際のストーンヘンジではありません!

別の場所で作ったセットで爆破シーンを撮影してます。

そしてレノックス少佐が3作目以来の復帰です!

もちろん演じるのはジョシュ・デュアメル!

この作品はAmazonプライムビデオ(1ヶ月無料お試しあり)で見られます!
プライム会員なら追加料金なしですぐに見れます。

>>「トランスフォーマー/最後の騎士王」の詳細をチェック

またFier TV Stickをお持ちでない方はぜひ。これがあればマジ最強です。

>>Amazonプライムビデオ×Fire TV Stickで映画三昧!想像より100倍良かった!

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

この記事が気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

ブログの情報はこちらで配信しています。

ブログの最新情報はこちらで配信してるよ
【洋画】トランスフォーマー/最後の騎士王amazonプライム・ビデオおすすめ無料視聴映画レビュー!
この記事をお届けした
365日新発見の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
Sponsored Link