【ペンタゴン・ペーパーズ】ジャーナリストの実話を映画化!アカデミー賞作品賞ノミネート!

2018年公開の洋画おすすめ最新作をご紹介!

スティーブヴン・スピルバーグ監督の超話題の最新作!

実際にあった最高機密文書の流出事件が基になってる

“ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書”

スピルバーグ監督が”今”の現代社会に伝えたいメッセージが

詰まった作品だとか!

キャストにはベテランのメリル・ストリープ、トム・ハンクス!

スピルバーグ監督とトム・ハンクスのタッグはこれで5度目となります。

基になったこの流出事件の結末は、記事の差し止めを巡ってアメリカ政府と新聞社が

法廷で争いアメリカ政府が敗訴してます。

一体どんなドラマが描かれるのか楽しみですね。

あらすじ

物語の舞台は、反戦運動が強くなっていた1971年のアメリカ。

その頃の日本は、仮面ライダーが放映開始された年です(笑)

そして巨人が7連覇した年・・・強かった時代ですね。

あっ話が脱線してすいません。

1971年はベトナム戦争が泥沼化してて、アメリカ国内でも反戦運動が高まっていました。

アメリカの国防省にはベトナム戦争の経過と客観的なデータをまとめた

通称ペンタゴン・ペーパーズと呼ばれる最高機密文書がありました。

ある日この文書が流出します。

ニューヨーク・タイムズが内容の一部をスクープ!

ライバル紙のワシントン・ポストはというと

アメリカ主要新聞社史上初の女性発行人キャサリン・グラハムと

編集主幹ベン・ブラッドリーが残りの文書を独自に入手して、全貌を公表しようとします。

“真実を伝えたい”

この気持ちが彼らを突き動かしますが、

政府は報道の自由を規制し記事の差し止めをしてきます。

政府を敵に回してまで記事にするのか悩みます。

そして決断・・・

2人は、ライバルであるニューヨーク・タイムズと時に争いながらも連携し

真実を伝えたいという信念を懸け、政府と闘うこととなります。

作品詳細

監督:スティーヴン・スピルバーグ

脚本:ジョシュ・シンガー、 エリザベス・ハナー

公式サイト:ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書公式サイト

配給:東宝東和

予告動画:編集部 eigafan

映画公開日:2018年3月30日

キャスト


ワシントン・ポスト社主・発行人のキャサリン・グラハム役にメリル・ストリープ

1982年公開のソフィーの選択、2011年公開のマーガレット・サッチャー鉄の女の涙にて

2度のアカデミー賞主演女優賞を受賞されおり

1979年公開のクレイマー、クレイマーではアカデミー賞助演女優賞も受賞!

うちの妻は、2006年公開のプラダを着た悪魔が大好きで

ミランダ役で出演してた彼女の存在感半端なかったですね。

ワシントン・ポスト編集主幹のベン・ブラッドリー役にトム・ハンクス

1993年公開のフィラデルフィア、そして翌年の1994年公開のフォレスト・ガンプ/一期一会にて

2年連続アカデミー賞主演男優賞受賞という快挙を成し遂げた

もはや紹介しなくても良い大物俳優ですね。

個人的には1998年に公開された2本

ユー・ガット・メールとプライベート・ライアンは大好きです。

ちなみ上記のお2人は、これが初共演だとか!

2人合わせて主演賞5回(笑)すすすごい・・・

第8代アメリカ合衆国国防長官のロバート・マクナマラ役にブルース・グリーンウッド

彼は今作では国防長官ですが、大統領役のイメージが強いです。

2000年公開の13デイズや2007年公開のナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記、

2017年公開のキングスマン: ゴールデン・サークルなど!

他作品では、博士、FBI捜査官、判事なども演じられてます。

ベンの妻トニー・ブラッドリー役にサラ・ポールソン

キャサリン・グラハムの娘ラリー・グラハム・ウェイマウス役にアリソン・ブリー

などが脇を固めてます。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

この記事が気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

ブログの情報はこちらで配信しています。

ブログの最新情報はこちらで配信してるよ
【ペンタゴン・ペーパーズ】ジャーナリストの実話を映画化!アカデミー賞作品賞ノミネート!
この記事をお届けした
365日新発見の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
Sponsored Link