【となりの怪物くん】菅田将暉と土屋太鳳ダブル主演映画!

実はこの二人映画では初共演です!ちょっとびっくり

そして発行部数500万部以上の少女漫画の実写化!

友達に興味がない女の子と友達に憧れをもつ男の子が織りなす

恋愛したことない2人のドタバタラブコメディ!

第34回講談社漫画賞少女部門にノミネートされた

“となりの怪物くん”が実写化となります。

すでに本編は連載終了しており全13巻の物語です。

映画の前に読んでおくのも良いですね。

とにかくかなり特殊な家庭環境で育った二人の

恋愛模様が楽しい、笑えて、キュンして、ハラッとされられる物語♪

あらすじとキャスト等をまとめてみました。


■映画の前に漫画で予習はこちらから!Renta!


あらすじ

2人の物語は不登校のハルに隣の席というだけの理由で

雫が嫌々プリントを届けるところからはじまります。

超問題児のハルは実はとっても友達が欲しかった!

プリントを届けた雫のことを勝手に友達認定します(笑)

ハルは「友達だろ?」と言われたら

ニコニコして不良たちにお金を渡してしまうほど

友に強烈な憧れを抱いていました。

そんなハルを雫は、なぜかスルーできなかった・・・

これまで他人と関わることを避けてきたはずなのに・・・

震える声で雫はその不良に言います。

「吉田くんは、あなたたちのことを友達だと思ってる。

だからもしあなたたちもそう思ってるなら、彼ともっと誠実に付き合ってください。」

雫はそう言われた不良たちから案の定絡まれますが

それをハルが守ります。

ハルは自分のことで勇気を出して物申した雫の気持ちが

本当に嬉しく、雫を見送ってる道中、無言で涙を流していた。

そんな純粋なハルに雫も動かされます。

雫はハルを抱きしめて一言

「今にハルのまわりは、たくさんの人であふれるから」

ハルは自分の感情に気づきます。

「ドキドキする・・・俺、雫が好きかも!」

しかし雫はそれを否定します。

これをきっかけに登校をするようになり、

野性児のような怪物のような男の子ハルの

雫への猛烈なアピールがはじまります。

変人のハルと勉強こそがすべての雫は

これまで他人と関わることを避けてきました。

そんな2人が出会い、変化し、周囲の人間たちをも巻き込んで

色々展開していく恋愛物語。

作品詳細

監督:月川翔

脚本:金子ありさ

原作:ろびこ

公式サイト:映画「となりの怪物くん」公式サイト

配給:東宝

映画公開日:2018年ゴールデンウィーク

キャスト


水谷雫役に土屋太鳳さん!

もちろんツインテールですよね?(笑)

恋もしたことない、友達もいない、周囲からドライアイスと

呼ばれる勉強一筋の冷血女子を演じます。

ちょっと土屋太鳳さんのイメージとは正反対な気がしますが

製作者サイドは、正反対な役を演じる土屋さんを観てみたいという理由で

オファーしたとか!

彼女は雫を演じるにあたり

「武者震いを感じずにはいられません。原作を尊重し全力を尽くします。」

とコメントされてます。


吉田春(通称ハル)役に菅田将暉さん!

入学式から停学処分を受け、そのまま不登校を続けてる非常識な変人

ただイケメンで天才で喧嘩も強いという高スペックな超問題児を演じられます。

菅田さんこーゆー役、似合いますよね絶対(笑)

実はキャスト発表はこの2人だけで他はまだ未定!

今後に注目ですね。

なにせこの作品個性豊かな人がたくさん出てきますから!

ハルのライバルで金持ちの息子でプライドが高く超がつくほどの自信家

山口賢二を筆頭に

美少女だけど頭は弱く、雫に勉強を教えてもらったことで仲良くなる夏目あさ子

誰とでも仲良くなれる人柄をもつ野球部部員で作中数少ない常識人の佐々原宗平

ハルに片思いをしている背が高くて美人で真面目な控えめの性格の大島千づる

などなど上げるとキリがありません。

随時更新していきたいと思います。

現役高校生もそうですが、

そうでない人も「あー青春だわーこんな青春送りたかったわー」

となること間違いなしです。

2018年GWもキュンキュンする若者が増えそうです(笑)

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

この記事が気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

ブログの情報はこちらで配信しています。

ブログの最新情報はこちらで配信してるよ
【となりの怪物くん】菅田将暉と土屋太鳳ダブル主演映画!
この記事をお届けした
365日新発見の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
Sponsored Link