【ブラック・パンサー】マーベル初黒人ヒーロー!ついに単独映画に!

キャプテンアメリカの盾に爪で傷をつけたブラックパンサーが

いよいよ単独映画となりスクリーンに登場!

黒豹のような真っ黒なスーツを着て戦うヒーローですよ!

MARVEL作品としてはシビル・ウォーにすでに登場しており

今回も同じキャストであるチャドウィック・ボーズマンが演じてくれます。

ブラック・パンサーは高い身体能力だけでなく、

物理学の博士号も取得しており

天才的頭脳も持ち合わせています。

映画では描かれないと思いますが、

X-MENのストームと結婚してたりします。

あらすじ

はっきりと発表はされていないので予告動画と原作からの予想です。

予告動画の冒頭で登場してるユリシーズ・クロウ!

彼は武器商人で、2015年公開の”アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン”に

すでに登場してました。

その時ウルトロンに右腕を切断されるのですが、

予告動画ですでに右腕がないので、

時代は”アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン”のあと

ということになりますね。

CIAエージェントのエヴェレット・ロスが尋問してるようですが

クロウはワカンダ王国のことをなにやら語っています。

発展途上国のように見せかけ、実は・・・

やはり舞台はワカンダ王国ですね。

ワカンダ王国はかつて隕石が墜落したことで

ヴィブラニウムが大量発生するようになった場所!

ブラック・パンサーの故郷ですね。

ちなみにヴィブラニウムはキャプテン・アメリカの盾に

使用されている素材です。

ワカンダ王国に伝わる王の称号が”ブラック・パンサー”で

戦闘の儀式で勝ち取ることでその名をもらえる。

ということは

まずティ・チャラがブラック・パンサーになるところが前半?

もうそこは詳しく描かない?(笑)

そしてティ・チャラにワカンダから追放されたキルモンガーが

予告動画に出てるので、キルモンガーとクロウが手を組んで

ワカンダの転覆を図る!というのが物語の中心でしょうかね。

その他では、ワカンダのハイテク技術が随所に見れるのと

ティ・チャラの親衛隊“Dora Milaje”がかっこいいですね。


作品詳細

監督:ライアン・クーグラー

映画公開日:全米2018年2月16日予定

予告動画:Movie Express映画『ブラックパンサー』日本版予告編1

曲調がかっこいいですよね~サウンドトラックは

スウェーデン出身のラディック・ヨーランソンが手掛けます。

キャスト

ティ・チャラ/ブラック・パンサー役にチャドウィック・ボーズマン


2016年公開の”シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ”に引き続きですね。

同年の”キング・オブ・エジプト”でトト役もされています。

ティチャラを憎み、国家転覆を図るキルモンガー役にマイケル・B・ジョーダン

キタキタキター!2012年公開の”クロニクル”でモンゴメリーを演じた彼ですよ!

その後2015年に”ファンタスティック・フォー”のヒューマン・トーチを演じてます。

ウィル・スミス再来と言われるほど注目されてる俳優さんです。

そしてティ・チャラの親衛隊メンバーがめっちゃ豪華(笑)

ナキア役にルピタ・ニョンゴ

アカデミー助演女優賞を受賞した実力派女優さんです。

そして”スター・ウォーズ/フォースの覚醒”でマズ・カナタを演じてます。

オコイエ役にダナイ・グリラ

大人気ドラマ”ウォーキング・デッド”でミショーン役をしてます。

引き続き同役を演じてくれるのは

ユリシーズ・クロウ役にアンディ・サーキス

エヴェレット・ロス役にマーティン・フリーマン

このお二人・・・”ホビット 思いがけない冒険”での

ゴラムとビルボです!

予告での2人の会話が懐かしいさを感じさせますね(笑)

そしてベテランのフォレスト・ウィテカーがワカンダの元老ズリ役!

2006年公開の”ラストキング・オブ・スコットランド”で

アカデミー賞主演男優賞を受賞されてます。

出演作はたくさんあるので、直近をピックアップすると

2016年公開の”ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー”でソウ・ゲレラ役

同年の”メッセージ”でウェバー大佐役などですね。

個人的には2013年公開の”大統領の執事の涙”が好きです。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

この記事が気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

ブログの情報はこちらで配信しています。

ブログの最新情報はこちらで配信してるよ
【ブラック・パンサー】マーベル初黒人ヒーロー!ついに単独映画に!
この記事をお届けした
365日新発見の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
Sponsored Link