2017年洋画イチオシ!アラゴルンが個性豊かな父親に!?はじまりへの旅!

普通ってなんですか?

森で暮すヘンテコ家族が、旅に出た。

世界中が大喝采!笑いも涙も溢れ出る、最強で最高のロードムービー!

このキャッチコピー見るとコメディかな?って思うと思いますが

全く違います!!!

めっちゃ考えさせられる作品ですよこれ!


2017年イチオシの映画!はじまりへの旅!

気になるあらすじやキャストをまとめてみました。

あらすじ

アメリカ北西部の森深くに住んでいるキャッシュ夫妻とその子供6人の物語。

父ベン・キャッシュは資本主義とアメリカ人の生き方に幻滅し

自分の全てを子供たちの教育に注ぎ厳格に育てていました。

世間と切り離された環境の中、裸で生活をし、

狩った動物を食べ、古典文学や哲学書を読む子供たち。

アスリート並みの体力と6ヶ国語を操ります(笑)

18歳の長男は名立たる大学すべてに合格(笑)

森での生活を通じ、テクノロジーに頼らず自然と共生することの

素晴らしさを身をもって体験。

しかし入院中の母レスリーが亡くなります。

レスリーの父とベンは葬儀の手配で揉めます。

レスリーの遺志に従い火葬を執り行いたいベン

かたや土葬にしたいと言うレスリーの父ジャック

結局土葬が行われることになりベンは葬儀に参列しないということに・・・

しかし!!!

ベンは葬儀を台無しにしてやろうと決意し、子供たちを連れ

葬儀の行われるニューメキシコまでの2400kmの旅に出ます。

子供たちは初めての森の外の生活を体験!

世間とのギャップに戸惑いながらも

自分たちらしさを失わずに生きようとする。

予告動画はこちら→シネマトゥデイ

https://www.youtube.com/watch?v=azQm-2kPL1E

キャストと監督


ベン役にタイトルでも紹介した

ロード・オブ・ザ・リングシリーズのアラゴルンを演じたヴィゴ・モーテンセン

第89回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされてます!

とにかくこの人の評価が高く、もしかしたら受賞してしまうかもしれません!

腹立たしく傲慢でせっかちと同時に

愛と優しさに満ちた温かい人物だと感じさせてくれる

子役たちはまだまだ有名ではありませんが、

この中から次世代のスターが現れる予感がしてしまうほどです。

ボゥドヴァン(長男)役にジョージ・マッケイ

彼は名立たる大学すべてに合格し運動神経も抜群!ただ女子と話すのが苦手(笑)

キーラー役にサマンサ・アイラー

ヴェスパーと双子の姉妹。得意言語はエスペラント語!

ヴェスパー役にアナリス・バッソ

家の屋根にも上れるくらいの高い身体能力を持っています。得意なことは狩り!

レイアン役にニコラス・ハミルトン

他の兄弟と違い森での生活に疑問と持っていて、ベンに反発します。

ザジャ役にシュリー・クルックス

好奇心旺盛で、自分で動物の剥製を作るのが趣味(笑)

ナイ(末っ子)役にチャーリー・ショットウェル

常に裸でいたがる(笑)

監督のマット・ロス氏は、妻と自分が下す親としての決断に疑問を抱いたところが

この映画を作るきっかけだったそうです。

彼が人生で経験したことが映画の中に反映されてるとのことです。

マット・ロス監督といえば1995年公開の12モンキーズや1997年公開のフェイス/オフなどが

個人的には好きです。

まとめ

普通とはなにか?自分らしさとはなにか?

そして・・・

父親としてどうあるべきか!

考えさせられる映画ですね

絶対見に行く(笑)

こーゆー笑えるし、涙するし、そして深く考えさせられる映画は

私のドストライクです。


自分の信念を貫き家族を愛し真っ直ぐに生きるベン・・・

何事も誤魔化さずに子供たちに自分の言葉で説明する・・・

自分にはできそうで、できない、できてそうで、できてない気がする(笑)

公開は2017年4月1日

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

この記事が気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

ブログの情報はこちらで配信しています。

ブログの最新情報はこちらで配信してるよ
2017年洋画イチオシ!アラゴルンが個性豊かな父親に!?はじまりへの旅!
この記事をお届けした
365日新発見の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
Sponsored Link