2020年公開予定のおすすめ映画一覧
映画関連

【イケメン】海外のおすすめ俳優さんで癒されよう!イチオシ洋画はこれ!

映画の内容より俳優がイケメン過ぎて困る!

そんな役者さんをイチオシ作品と共に紹介したいと思います。

俳優さんの中には複数おすすめしたい映画があったりしますが

ここではこれ!!!っていうイチオシを選んでます!

内容より俳優さん(笑)俳優さんというより顔!しぐさ!声!

などなど見るだけでイケメンに癒される作品を抜粋してみました。

クリスマスにジュード・ロウの魅力に酔いしれよう!ホリディ

2006年に公開されたロマンティック・コメディ映画ホリディ

失恋からスタートするのですが、この映画の魅力は

新しい出会いにより、新しい人生はスタートする!

という所!

ポスターのキャッチコピーは

人生に一度だけ、誰にでも運命の休暇がある

ジュード・ロウの話を聞いてる時の頷き方

ふと見せる笑顔、そして泣き虫なところ

どれもこれもかっこよすぎるし、可愛すぎる(笑)

思わずキュンとしてしまうこと間違いなし!!!

ヒロイン役のキャメロン・ディアスとのやりとりとか

もうひとつのカップルの発展の仕方とか

観てて幸せな気持ちになります。

しかも何度も見てしまう人が多いみたいで

クリスマスになると観たくなると口コミされてます。

簡単なあらすじは、失恋のショックを受ける2人の女性

1人は恋人が別の人の婚約発表、もう1人は浮気・・・

そんな2人がネットのホーム・エクスチェンジで

2週間お互いの家を交換することに!

お互い新しい場所で新しい人の出会いがあり

失恋は自分のせいではなく、

自分にふさわしい相手ではなかったのだと気づきます。

二つの愛はどう進んでいくのか~

2人の女性がどんどん変わっていきますよ♪

好き嫌いが分かれるルーク・エヴァンズ

美女と野獣でガストンを演じた彼は

これまでホビットシリーズやタイタンの戦い、ロビン・フッドなどなど

たくさんの作品に出演してきました。

個人的に好きなのは

2011年公開の三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船でのアラミス

しかしここで紹介するのは、もう一つの好きな映画

2014年に公開されたドラキュラZEROです。

その男、悪にして英雄

愛する者のため、悪にこの身を捧げよう・・・

まー影のある役なんですが、これがまたセクシーなほど

かっこいい!(笑)

アラミスの時は紳士な剣士って感じだったけど

このヴラドはかつて敵が震えあがるほどの勇猛な戦士だったため

どこかダークなイメージが残ってるんですよね~

鍛え抜かれた体を惜しげもなく披露してくれますし

妻や息子を見る目は、ほんと優しくて

戦闘シーンでの勇猛な姿とのギャップがまた良い!

簡単にあらすじを話すと、

ワラキア公国君主として国を治めるヴラドは

ある日オスマン帝国から子供1000人の差出を要求される

その中には自分の息子も含まれていた。

逆らっては国が亡び民が根絶やしにされる。

要求を呑むしかなかったが、ウラドはオスマン帝国を戦う決断を下します。

現状の戦力では勝てる見込みがないと思った彼は

牙の山に住むという魔物の助けを得ようと考えます。

しかしそこに住んでいた魔物は

ウラド自身がその魔物(ドラキュラ)となり

敵を滅ぼすという提案だった・・・

そしてドラキュラと化したウラドは・・・

戦士、国王、父親、ドラキュラ

さまざまな立場で見せる

さまざまな表情、空気感、

ルーク・エヴァンズの魅力がたっぷり詰まった作品です。

イケメン俳優の王道!レオ様!ディカプリオのセクシーNo.1作品はこれ!

ロミオ&ジュリエット

leo_4

格好良さに加え、かわいさや、セクシーさも兼ね備えていた作品ではないでしょうか。

学生の頃になぜか惹かれてしまう(みんな経験ありませんか?)

ミステリアスさというか危険さとゆうか

役柄が若いギャング的な部分があるのと

セリフはそのまま再現されているので、恥ずかしくなるようなセリフが

よりレオ様のかっこよさを高めてる気がします。

そしてまーーーーストレート!!!!!

純愛!!!

失恋中の海辺でのディカプリオ・・・後ろから抱きしめたくなっちゃう女性はいますね

水槽越しにときめいた瞬間の嬉しそうな眼差し・・・もっと見ていたいと思うでしょう

失った事実を受け入れたくないと喪失の表情・・・一緒に泣いちゃう女性続出なはず

leo

レオ様がこの役をしたとき22歳!何この色気(笑)

この作品でベルリン国際映画祭の銀熊賞 (男優賞)を受賞してます!

内容はとっても切ないですが、レオ様のすべてに魅了されること間違いなしです!

あと女性はレオ様、男性はクレア・デインズに癒されることと思うので

カップルで観るのもおすすめします。

私DVD持ってます(笑)

美少年という言葉以外見つからないエドワード・ファーロング!

アメリカよりも日本での人気が高く、当時この子を知らない女性はいなかったのでは?

というほどで、ホットヌードルのCMにも登場しました。

もちろんおすすめ映画はこれです!

ターミネーター2

edo_5

このとき14歳!

しかもこれが映画デビューです。

キャスティングディレクターの目に

バスケをしていたエドワード・ファーロングが飛び込んできます!

はい!そのまま!ジョン・コナー役(笑)

あの影のある感じ・・・もともと持ってるものですよね

ほっとけないというか、なんというか母性本能くすぐられませんか?

しかも役中で、お母さん大好きってゆうとこがまたいい!

ターミネーターのシュワちゃんに人間の言葉を教えるシーンがありますが

綺麗な言葉なんて教えてません(笑)

感情というプログラムがないターミネーターに人間らしさを教えるジョン・コナー

そのやりとりが可愛いんですよね

ターミネーターといえばドンパチ映画だと思っている人が多いと思いますが

意外と人間臭い映画ですよ。

最後エドワード・ファーロングが泣くシーンがありますが

大好きな人を目の前で失う悲しさ

止められるものを世界のために止めてはいけないと

葛藤する苦悶の表情・・・

edo

エドワード・ファーロングの魅力が満載です!

エドワード・ファーロングは”2”しか出てないのでご注意を(笑)

今回は紹介しませんがターミネーター4に出演した

クリスチャン・ベールとサム・ワーシントンもイケメンです!

不死身の英雄アキレスを熱演したトロイ!ブラット・ピット!

ブラット・ピットの作品は多すぎて選ぶのに苦労しました。

個人的には短髪のときのセブンファイト・クラブも好きだし

坊主のMr.&Mrs. スミスも好きです。

吸血鬼を演じたインタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

見てほしい!

ですがここはセクシーかつ最強戦士!ということで

TROY(トロイ)

をおすすめします。

pit_4

もう10年以上経つんですね・・・(笑)

見せ場はいきなりやってきます。

大男との1対1の決闘シーン!盾と剣を持って敵に向かって

走り始めます。

相手は槍を投げつけてきます。1つ目を盾で防ぎ

2つ目を軽くかわし、相手も剣を出してぶつかり合う・・・一瞬の出来事!

一撃です。

そのあと、相手の軍勢の前まで行き「戦うやつはいないのかーーー???」

と威圧・・やばい・・・強すぎるし、かっこいい!

過去作品で行くとたぶん1番筋肉がついてると思われます。

トロイ戦争がはじまる前に

従妹のパトロクロスに剣の稽古をしてるシーンがまたやばい

イケメン2人の何気ない遊び・・・(笑)

着てるブルーの布がまた似合ってるんですよ~

内容も面白いですが、とにかくブラピのかっこよさが存分に見れます。

上陸戦の前の部下を鼓舞してる姿とか・・・男性だったらお腹の底が熱くなります

上陸戦が終わったあとにテントの中で鎧を脱いだ瞬間の裸体とか・・・触ってみたいと女心をくすぐられますね

従妹の仇打ちで敵の城塞の前で、ひたすらにヘクトルと呼び続けるとか・・・想いをぶつける相手に今にも感情が爆発しそう

pit

映画自体は神話でもなく歴史でもない完全なフィクションですが

元ネタのトロイア戦争が有名過ぎて評価はパックリと2つに分かれたようです。

私は好きな映画ですけどね~神話とか歴史とかよくわかってないので(笑)

レオ様の再来と呼ばれるデイン・デハーン!おすすめはクロニクル

手にしてはいけない能力(チカラ)。

目にしてはいけない映像。

クロニクル

dein_1

この役が冴えない主人公というのもありますが、

線が細く、色白でいて、どこか影がある・・・

それがセクシーというか、そそる人・・・多いんじゃないでしょうか?

若き日のレオ様に似てると言われてるのがわかる

この映画では超能力を身につけてしまい

どんどんどんどんどんどん堕ちていく・・・

その演技力半端ないですよ!

dein

この後にアメイジング・スパイダーマン2でハリー・オズボーン役で出演しますが

これまた同じようにはまり役です。

2面性を持ちあわせてる青年を演じさせるとたぶんNo.1!

あの笑顔がちょっと怖く感じる

個人的にですよ!あくまで個人的には染谷将太さんと雰囲気が重なる気がします。

クロニクルの予告編はこちら

出典元:20世紀フォックス映画 公式チャンネル

ぜひ!デイン・デハーンの魅力に触れてみてください!

まとめ

随時更新はしていきたいと思います。

イケメンを理由にその映画を好きになることもあると思います。

私はマスクを見たときに

赤い服で銀行に入ってきたキャメロン・ディアスを見て可愛い~と思いました。

その後のメリーに首ったけはキャメロン・ディアス目的で見ましたよ!

ですが今では作品が好きだし、なによりベン・スティラーを知るきっかけになったことが良かった!

上記は1つの体験談ですが、とにかく世の中にたーくさん映画好きが増えることを願います(笑)

今後オーランド・ブルームやジョニー・デップなどなど追加予定!